TOP > 投資コンサルティング > アセット営業部

アセット営業部

スターツピタットハウスには、不動産投資を専門に扱う部署としてアセット営業部がございます。スターツ直営のピタットハウス105店舗との情報共有はもちろん、グループ61社との情報網を駆使し、収益物件の購入・売却をサポートさせて頂きます。

ご挨拶

img01

この度は「スターツ不動産投資ナビ」をご覧頂き、誠にありがとうございます。
このホームページでは、従来の収益物件探しの枠にとらわれない全く新しい物件探しをご提案しております。それは、収益物件を探される方は、単に目先の投資目的ということではなく、相続対策、資産継承などを目的に購入され、併せて安定的な賃貸運営、その後の売却まで視野に入れた総合的な提案=コンサルティングを希望されている方が多い現状に、正面から目を向けているからです。私共は、物件のご紹介にとどまらず、お客様の購入目的、資産背景、そして「想い」を共有させて頂き、最適なご提案を行うことで「信頼されるパートナー」として、末永いお付き合いをさせて頂きたいと考えております。

ぜひお気軽にご相談頂き、スターツグループの持つノウハウ、情報をご活用頂けたら幸いです。そして、私たちもご期待にお応え出来るよう日々努力していきたいと思います。

アセット営業部 部長 岡田 有司

実績紹介

数字で見るアセット営業部

3,260人
アセット営業部の
登録顧客総数です。
2006年4月から2014年12月末までに登録頂きましたご売却、ご購入希望のお客様総数です。
657社
アセット営業部とお付き合い
頂いている業者の数です。
優良物件情報を入手するため、業者ネットワークを大切にしています。日々、情報交換をさせて頂いております会社の数です。
(※1)
1,020取引
スターツピタットハウスで
お取引頂きました。
2006年4月から2014年12月までの収益物件の成約件数です。その内訳は、一棟収益物件522件、区分146件、事業用地352件です。
341支店
アセット営業部と取引のある
金融機関支店数です。
金融機関からは優良な取引先への情報提供を求められます。融資実行の際もスムーズにご相談させて頂いてます。(※1)
61社
スターツグループ会社の数です。
アセット営業部には世界32拠点を含む、スターツグループ61社からさまざまな紹介案件が入ります。売却・購入ともに既存のお客様からたくさんのオーダーを頂きます。(※1)
1,219億円
取り扱った案件の取扱総額です。
スターツピタットハウスが2006年1月から2014年12月末までに仲介した収益物件の取り扱い総額です。当社では、アセット営業部が中心となり、収益物件の取扱を推進しています。(※1)
約1,500人
スターツピタットハウスにて
お取引頂いている
オーナー様の人数です。
アセット営業部の所属するスターツピタットハウス株式会社では、賃貸マンションを所有しているオーナー様とお取引があり、アセット営業部ではその方々に積極的に収益物件情報を公開しています。
(※2)
  • (※1)2014年12月末時点
  • (※2)2014年4月末時点  

アセット営業部の売却力

いい条件で売るためには

 

売却に関する基本知識を知る

一棟物件の場合、住宅とは違い、購入できる層は限られています。また、売主様側も様々な事情から物件情報を公開できない方がほとんどです。そんな中でよい条件でご購入いただける買主様を見つけるためには、いかに直接アプローチができるかが重要となります。そのためには、購入者となりうる、地主様や資産家、一般法人、そして、それらの顧客を抱える各地域の金融機関との情報網が構築できている仲介業者に売却を任せることが得策です。

 

売却前に準備することは

賃貸借契約書は全部揃っているか?
賃貸契約書、駐車場契約書の他にも、管理委託契約書や防犯カメラやインターネット利用の契約書など買主様へ引き継ぐべき内容がわかる書類を準備しましょう。
竣工図は保管しているか?
申請している建築計画と現況が一致しているかを確認したり、また買主様によっては用途変更など大規模な変更を考えている方もいるため、建物の竣工図が必要となるケースが多いです。また金融機関によっては、建物評価をする際にも必要になります。
維持経費を把握しているか?
買主様が一番重要視するのは月々の収支です。維持経費が明確にわかることで、建物の状態を把握でき、買主様が検討しやすくなり、不明瞭な部分があることによる価格交渉などを避けられる可能性が高くなります。
大規模修繕の履歴は残してあるか?
誰しも購入してすぐに屋上防水工事や外壁塗装工事など、巨額なメンテナンス費用が掛かる物件は極力さけたいものです。実施済の修繕や改修履歴がある場合は、履歴を示すことで不必要な工事を買主様が見込むことを防ぎ、価格交渉を回避することができます。
建築確認済証(申請書)・検査済証の原本は用意できているか?
建物が遵法かどうかは大事な判断材料であり、金融機関の担保評価を得るためには不可欠な要素です。これらの資料を用意することにより購入ターゲットが限られず、早期売却のチャンスが増えます。
測量はしてあるか?
不動産の売買で比較的大きな費用と時間がかかるのが土地測量。買主様は隣地との協議など煩わしいことはなくしたいものです。
税金や諸経費は把握しているか?
まず把握しておきたいのは売却時にかかる費用です。お客様によってさまざまなケースがございますのでアセット営業部へご相談ください。
鍵はどこにあるか?
鍵と言いましても、お部屋の鍵以外に、屋上や共用部分の鍵など一棟物件の鍵はさまざまです。あとで揉めることのないように、整理しておきましょう。
 

価格を決める根拠を知る

価格を算出する方法としては、次の3種類があります。

収益還元法
投資用物件によく利用される査定方式で、表面利回りから価格を決める方法。設定される利回りは立地や構造などを考慮し、専門的見解により決定される。

対象不動産の収益価格=満室時の年間収入÷表面利回り

原価法
再調達原価を求め、それに減価修正を加えて価格を求める方法。新築物件などに多用される。金融機関などが採用することが多い。

(建物) 積算価格=延床面積×単価÷耐用年数×残存年数(耐用年数-築年数)
(土地) 路線価又は地価公示相当額

取引事例比較法
似たような取引事例を参考にして、時点修正や地域に応じた外的根拠による比較修正を加え、価格を決める方法。収益物件の場合はあまり使われないことが多い。

上記3種類の算出方法を利用すると、それぞれの価格に開きが生じるケースがございます。
現に稼働している物件であれば、購入される方も現状の物件の収益性を重視する為、1の収益還元法を使って計算するのがベストです。
逆に、広い土地に収益性が低い2階建のアパートなどであれば、土地自体の有効利用を検討する購入者を想定し、2を使って価格を算出する方法が最適です。

より専門性の高いサービスを追求した継続的な営業活動

  • 投資用・事業用物件検索サイト スターツ不動産投資ナビ
  • ダイレクトメールによる特選物件のご紹介
  • 個人投資家向けセミナーを開催
  • 収益物件情報メールマガジンの発行
  • 収益物件の適正賃料・物件を無料査定

メディアとグループ力を活かした売却力

ピタットハウスの店頭掲示
立地にこだわったピタットハウス店舗の店頭に情報を掲載します。多くのお客様にご紹介します。
ピタットハウスのネットワーク
全国に広がるピタットハウスのネットワークを利用し遠方のお客様にも物件の紹介が可能です。
ホームページの掲載
豊富な写真と充実した地域情報満載の「ピタットハウス」公式サイトに情報を掲載します。
大手ポータルサイトへ掲載
大手も含めた複数の不動産検索サイトと提携し、幅広く物件の情報を公開します。
Yahoo!オークションに掲載
1日14億5,000万ページビューを誇るYahoo!のオークションページに掲載します。(専属専任媒介時)
収益物件バスツアーの開催
投資ナビ会員や賃貸オーナー様を対象に、収益物件を実際に見て回るバスツアーを開催致します。
物件資料の配布
物件資料を提携の不動産や金融機関にお渡しし、幅広い集客を目指します。
レインズ(業者間ネットワーク)の登録
不動産流通機構ネットワークへ登録し、他業者へ物件を紹介します。
 

スターツグループでは不動産の運用についてもバックアップ致します!

スターツグループの総合力を活かした私たちならではのご提案。

スターツグループの総合力を活かした私たちならではのご提案。
スターツアメニティー株式会社 スターツファシリティーサービス株式会社 スターツコーポレートサービス株式会社 スターツCAM株式会社 スターツ証券株式会社

資産表作成のお手伝い

相続対策として、不動産はどのように活用すべきか

利用状況を正確に把握し、分類する

複数の不動産をお持ちの方にとって、それぞれ不動産が現在どのような収支で運用されているかを把握するのは、なかなか難しいことです。アセット営業部では、一不動産の査定に留まらず、ご所有されているすべての不動産資産を比較出来る資産表を作成させて頂き、お客様の目にもわかりやすくご説明させて頂きます。これをご覧いただければ、それぞれの不動産をどのように運用していく必要があるか明確にわかります。

お客様の志向の把握やポートフォリオのご提案

資産表は担当営業マンが自ら作成致します。担当がお客様の資産状況やご要望を共有させて頂くことで、ご購入頂く際には物件のご提案がスムーズになり、かつ、現在お持ちの資産の場所や特性を把握することとなるため、最適な不動産ポートフォリオのご提案が可能です。

※本サイトの掲載内容は、平成27年1月現在の法令・税制等に基づくものです。

アセット営業部に相談する
  • セミナー・イベント情報
  • 会員登録・ログイン