TOP > 事例/データ > 不動産投資ナビコラム > 不動産市況の変化

不動産市況の変化

2017/11/30

img

今年もあと1か月となり、慌ただしい日々をお過ごしかと存じますが、いかがお過ごしでしょうか。

 まだ少し早いですが、今年を振り返りますと日経平均株価は、1万9千円あたりから2万円前後を推移して、現在2万2千円あたりまで上昇しております。長期金利におきましても日銀によるゼロ金利政策が続いた状況となっております。
 不動産市況は、高止まり感は有りながらも大きな変動はなく推移した年となっております。要因としましては、上記の経済背景のもとで税金対策目的や都心に近い物件への資産組み換え、一般法人企業の寮・社宅購入などのニーズが多くあったと思われます。

 来年度の不動産市況は、様々な変化の中で予測が難しい状況ではありますが、収益不動産の購入・売却において、お客様の背景をしっかり踏まえて、より良いご提案ができるよう、日々精進してまいります。 


 スターツピタットハウス株式会社 アセット営業部
       課長  高橋 寛克 

  • 記事の一覧に戻る