TOP > 事例/データ > 不動産投資ナビコラム > 決算期に向けた物件価格改定の動き【おすすめ特選物件DM271挨拶文より】

決算期に向けた物件価格改定の動き【おすすめ特選物件DM271挨拶文より】

2018/03/20

※この文章は、アセット営業部で発行しております、おすすめ特選物件DMの挨拶文より転載しております。


3月中旬に入り、春の陽気が感じられる季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
2月25日、弊社スターツグループが、2007年の第1回大会より、オフィシャルパートナーとして協賛しております「東京マラソン2018」が開催されました。今年で12回目を迎え、抽選で選ばれた市民ランナーや国内外の招待選手、車いす選手たちおよそ3万6000人が参加しました。私は、沿道で応援させて頂き、熱気や歓声を直接体感することができました。

さて、 3月を決算期にしている法人の中には、保有資産を3月末まで売却したいという意向より、価格改定をする物件や売り切りたいという物件が増えてきております。例年通り活発な動きが始まっています。
今後の市況の動きに注意しながら、優良物件をご紹介していきたいと思いますので、引き続きアセット営業部を宜しくお願い致します。

        アセット営業部 主任 小黒 貴子

  • 記事の一覧に戻る